TOP 展示・イベント ターシャ・テューダー友の会 リンク
ターシャ・テューダー ミニミュージアムは、前向きな生き方で今も多くの人に勇気と感動を与えているアメリカの絵本作家ターシャ・テューダーの常設の美術館です。

NEW! 【2017年度開館スケジュール】

4月21日(金)~11月6日(月)
休館日/火・水・木曜日 ★祭日・8月は無休
開館時間/10:00~17:00
入館料/大人 700円 小学生~中学生400円 団体(10名以上)大人650円、小学生~中学生350円

〒409-1501
山梨県北杜市大泉町西井出8240―4579
TEL・FAX0551-45-8788

アクセス/小海線「甲斐大泉駅」から徒歩7分 中央自動車道「長坂インター」から車で20分

map
カーナビをご利用の方は、「甲斐大泉駅」を目的地にされ、地図に従っておいでくださることをお勧めします。新しい施設のため、住所、電話番号ではまだ正確に案内されない場合があります。


【経緯】

多くのファンに愛され、約100点の作品を残したアメリカの絵本作家・さし絵画家ターシャ・テューダー(1915 - 2008)は、幼い頃から農業に憧れ、生涯、自給自足のシンプルライフを心がけました。4人の子どもが自立した後、56歳の時、バーモント州の山中に、森に囲まれた静かな土地を購入し、そこに喜び溢れる美しい庭をつくりあげました。ターシャは2008年に92歳でこの世を去りましたが、ターシャの生き方、そして「人生を楽しんで」というターシャのメッセージは、今も多くの人に勇気と感動を与えています。

アメリカで発行されていたターシャの絵本やターシャを紹介する本を翻訳出版していた私達は、2001年に初めてターシャと会い、その飾り気のない、心配りのある、しかも芯の通った人柄にいっそう惹かれました。この経験は、その後の私達の本づくりにも大きな影響を与えました。それからも、私達は何度もターシャの住まい「コーギコテージ」を訪ね、ターシャの生活を間近に見てきました。

ターシャ亡き後、アメリカではターシャの家族が、ターシャのライフスタイルを継承し、誰もがターシャの世界に浸れるような「ターシャ・テューダー・ミュージアム」の建設を計画しています。ターシャの住まいは住宅地区にあり、来館者を大勢迎えるような施設はつくれないため、適当な場所が見つかるまで、ミュージアムは近くの歴史的な建物を借りて活動を行っています。このミュージアム建設には、日本からも多くの寄付が寄せられています。

そこで私達も、暮らしの場を開放して快く取材に応じてくれたターシャと、協力してくれた家族への感謝の気持ちから、アメリカのミュージアム建設を応援すると同時に、私達が体験してきたことや収集してきた資料を日本のターシャ・ファンと分かち合うために、日本にもターシャのためのミュージアムを開設したいと考えました。

2013年、ターシャの家族の快諾と応援を得て「ターシャ・テューダー ミニミュージアム」は開館しました。来館される皆様や日本のターシャ・ファンのお力で、ここに来ればターシャの世界が楽しめるというミュージアムに育てていけたらと思っています。

ターシャ・テューダー ミニミュージアム            
ファウンダー  出原(いずはら) 速 夫
    同    食野(めしの)    雅 子


【ミニミュージアムの庭】

バーモントの広大なターシャの庭には、ある特徴があります。ターシャ・テューダー ミニミュージアム正面の庭は、小さいながら、この「ターシャ流」とも言えるターシャの庭の特徴と、ターシャが好んだ植物を取り入れて作られています。八ヶ岳は高度こそ違え、気候がバーモントと似ており、植物も順調に育っています。しだいに充実してきた庭もお楽しみください。

【ご寄付・ご協力のお願い】

ターシャ・テューダー ミニミュージアムは、出原と食野がボランティアで開設し、運営しております。健全に運営し続けるために、ご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

<ご寄付振込先>

三井住友銀行
旗ノ台支店 普通口座 7323106
ターシャテューダーミニミュージアム

ゆうちょ銀行
記号番号00150-7-764801
(他行からの振込の場合) ○一九店 当座 0764801
ターシャテューダーミニミュージアム

【ターシャ・テューダー友の会】

ターシャ・テューダー ミニミュージアムは、館内での展示のほか、日本のターシャ・ファンへの情報の発信、会員相互の親睦を図るイベントの企画、アメリカの「ターシャ・テューダー・ミュージアム」建設支援などの活動も行います。詳細は「ターシャ・テューダー友の会」のページをご覧ください。

【フェースブック】

ターシャ・テューダー ミニミュージアムは、フェースブックでもニュースをお送りしています。ホームページよりも頻繁に、日々のできごとをご覧いただけます。リンクからでも、TOPページの右端「F」のアイコンからでも移動できますので、ご利用ください。